facebook

西森央さん 韓国へアクア指導  2018.03.25

 


2018年3月25日

韓国AEA主催アクアシニア講習会へ。西森 央さんが招聘。国連WHOの未来予測によると、2030年、韓国は世界一の長寿国。そして、世界一の健康寿命国を目指しています。公営民間プールではシニア世代を対象にしたアクアプログラムの導入が行われています。



モンゴル 国旗2013年6月12日

4-1 デモ 
4-2 デモ 2
4-3 デモ 3

西森さん。モンゴルに来て下さいまして、本当に有り難うございました。短い間でしたが、毎日がとても楽しかったです。またモンゴルに是非来てくださいね。

by Batsukh Enkhzul(ズラさん)

さよならパティー

さよならパティー


2013年6月11日

今日、モンゴル最大のウェーブサイト「NEWS.MN」に昨日のアクアイベントレッスンの記事が掲載されました。このウェーブサイトは新聞よりもたくさんの方が見ているモンゴルでは有名なウェーブサイトです。昨日のレッスンには、このウェーブサイトの女性記者さん(アルタントヤさん)がコッソリと参加されていたようで、昨日のレッスン終了後に記者さんから声をかけられ、事情を知りました。このアクアレッスンを明日の記事に是非とも掲載させてください!と言われ、取材を受けました。この記者さんはアクアエクササイズをするのは初めてでした。今日、記事に掲載された内容をそのまま訳して、日本の皆さんに御紹介します。
by Batsukh Enkhzul(ズラさん)

『日本の女性の笑顔』

日本人の女性でアクアインストラクターをしている西森央さんは、ちょっと違った発音のモンゴル語で、「バローン(右)」「ズーン(左)」「オラクシャ(前)」「ホーショウ(後ろ)」「ハラーレー(見てください)」と、プールで大きな声で元気よく、モンゴル人たちの為に一生懸命に心を込めてアクアレッスンを教えてくれました。プールの中では、アクアの会員さんたちが水の中で楽しく笑いながら、大きな声をあげて盛り上がっていました。
きっと西森さんのレッスンが楽しかったからこそ、モンゴル人たちは子供のように無邪気に声をだし、笑いながらアクアエクササイズを楽しんでいたのでしょう。一人一人が知らない人同士でしたが、レッスンが進むにつれて、手をつないだり声を一緒に出していくうちに、プールの中が賑わい、自然と皆と仲良くなれました。西森さんができるだけ楽しそうな動きを選んで教えてくれたのだと思いますが、普段あんまり笑わない人たちや、はずかしがりやの人たちも、我を忘れて夢中で楽しんでいました。
レッスン中も西森さんが、よく笑い、大きな声で堂々と楽しそうに指導をして、ときどき会員さんと同じにプールに入り一緒に運動をしていました。西森さんをモンゴルに紹介した人は、「NEW CENTRY PLAZA」でアクア指導をしているゾラさんです。ゾラさんは今年、日本までアクアを勉強しにいった熱心なアクア指導者です。今回のレッスンをしてくれた西森さんは、日本で長年アクアインストラクターとして指導を続けている方です。西森さんの話によると、日本では幅広いアクアエクササイズが展開されているようでした。アクアエクササイズは、中高齢の人や何らかの障害をもった人、肥満の人には良い運動運動だと思います。モンゴルでは痩せたい人が多いので、この低い水温がかえって良い運動効果を生むかもしれません。大きな声を出したり、笑ったりするとストレスを解消することができると感じました。アクアエクササイズを体験して実際に私が思ったことは、遊園地にあるジェットコースターに乗っている時のような楽しい気分になり、とても興奮しました。アクアのレッスンが終わった後は、背中や肩にのっている重い鎧が脱げたような感覚になりました。身体がスッキリして気分も良くなり、心も軽くなりました。
エクササイズの中では、ヌードルを二本使い三人組で一列になり電車ごっこのような運動をした時には、幼い頃に遊んだような懐かしい記憶を思い出しました。時間も忘れて夢中になっていたのでしょうか、一時間があっという間に過ぎました。レッスンの最後にはヌードルを結びましたが、アフリカ人が頭に巻いてあるターバンをイメージしてしまいました。

頭にヌードルを乗せて歩いたり、円になって踊ったりして、これはとても新鮮に感じました。クールダウンではバレリーナのような動きがあり、水に漂うように全身を気持ちよく動かし、ゆっくりとストレッチ。汗をかいた後は、水の冷たさが気持ちよかったです。そして心地よ音楽と、やさしい空間につつまれながら、心からリラックスして運動が終了しました。

残念ながら今回、西森さんはモンゴルでは二回だけしかアクアレッスンをしなかったようです。明日には日本に帰国されるとの話でした。
でも、楽しい元気いっぱいの西森央さんが再びモンゴルに戻ってきてくれるのを信じています。
ニューセントリープラザでは、ゾラさんが毎週月曜日と木曜日19時~20時までアクアレッスンをしています。レッスンは2009年から開始され、アクアの会員さんも毎年少しずつ増えています。
ゾラさんは日本でアクアを学んだことで、これからもモンゴルでアクアを普及するために、アクアを続けていきます!と力強く語ってくれました。

NEWS.MN記者 アルトントゥヤ

3-1 プール ズラ&西森 3-2 プール ズラ&西森 2 3-3 プール ズラ&西森 3

2013年6月10日ズラさん 円

アクアを教えるのには、まずは自分の姿勢をきちんと整えて指導することの大切さを学びました。まだまだ練習が必要だと思っています。地道に一生懸命にがんばります。
by Batsukh Enkhzul(ズラさん)

2-1 ズラ&西森 2-2 ズラ宅 ズラさん 2-3 ズラ宅 ズラさん 2
1-1 モンゴル料理 1-2 ゲル全景 1-3 ゲル内部 西森

西森 央 円西森央さん(元AD研ディレクター)。6月上旬、アクア指導へ草原の国モンゴルに行きます

西森さんへ2001年IAFC(国際アクアフィットネス総会)日本代表プレゼンターに選ばれたのが海外最初。その後、IAFCへは2回(’02年ラスベガス/’04年オーランド)。香港・イギリス・ブラジル・韓国と海外でのアクア指導経験が豊富。特にブラジルではASAA/FINAプロフェッショナルアワードを受賞(2002年)した実績があります。モンゴルでのアクア普及向上に貢献してくれることでしょう。頑張って!

現在、フリーとして首都圏クラブでアクア指導しながら、産業カウンセラーとして活躍中です。