facebook

2017~18年度(第8回)アクアセラピー・シンポジウム 2017年8月

講習会コード:AA 8


>> 講師 27名 決定 <<<


第Ⅰ群(国際講師/養成講師)8名

|大塩琢也(みまき福祉会)|窪 孝枝(スポーツクラブNAS)|田井村悦子(エコウェルネス)|筒井美恵(フリー)|長谷川正太郎(長谷川整骨院)|藤田麻里(ウム・プラス)|矢野真弓(みずユナイツMU)|湯井有紀子(ム・ウ21あざみ野)|【敬称略/アイウエオ順】


第Ⅱ群(前回国内総会講師)5名

|古賀 眞澄(パルフィットシステム)|坪井啓子(アクアブルーオブティ)|中野直子(フリー)|長嶺敦司(疾病予防運動施設リューザ)|野見山 憂(パワーフィットネス・イーズ)|【敬称略/アイウエオ順】


第Ⅲ群(各種講習会講師)3名

|浅井貴子(Queen Manny)|塚崎NAoMY(WOMEN-BAB-NET)|小野千香子(逗子スイミング)|【敬称略/アイウエオ順】


第Ⅳ群(推薦枠)9名

伊藤千奈美(さかしい大分)|上田浩之(日本健康体操普及連盟)|内田英利(フィットネス・ゼロ)|太田 藍(フリー)|香川正美(ソラーノ)|田中ひとみ(フリー)|寺本 強(日本ペップトーク普及協会)|中村真奈子(マイ・ウエイ)|牧 直弘(MAKIスポーツ)|【敬称略/アイウエオ順】


第Ⅴ群(海外特別枠)2名

|Supitchapong Tanakiepinyo(Thailand)バンコク・リハビリセンター|Kim Jun-Hong(Korea)ソウル・リハビリセンター|【敬称略/アイウエオ順】



講座項目

海外講師2名(韓国/タイ)と国内講師25名、計27名の国内外のアクアセラピストによる計33講座を3日間で実施します。

〇講義&実技 15講座
国内のアクアセラピストによる実践講習。

〇水中実技  6講座
最新のアクアセラピー・プログラムの実践演習。

〇陸上実技  3講座
最新の陸上セラピープログラムの実践演習。

○講演  3講座
指導指針と指導者のあり方に関する基調講演。

〇特殊  6講座
実践的なセラピープログラムの体験会と発表会。


ごあいさつ

水中運動(アクアエクササイズ)は水泳(スイミング)と双肩するプール施設を活用する代表的な運動形態です。日本では1990年代後半から水中ウォーキングへの関心が高まり、様々な形態で実施されるようになりました。1994年、第1回アクアエクササイズ国内総会を開催。更なる普及向上を目指し、2002年からアクアフィットネス系とアクアセラピー系とに分け、それぞれを隔年毎に開催することにしました。今年はアクアセラピー系です。第8回アクアセラピー国内総会を実施します。

これから健康維持や予防改善は個々の責任として負わせられる時代です。安全安心な運動形態としてアクアエクササイズの役割が重要になります。最新の理論と実践を学び、効果的な指導ができる人々が一人でも多く必要です。

国内外で活躍している方を講師に、全国で実践指導している方々を受講者に、双方の人々が一堂に集い、互いに啓発し、相互の創造性と実践力をより一層高めることが開催の目的です。そして、今回は東アジアから韓国、南アジアからタイ。それぞれの国々でアクアセラピーが実施されている現状と今後の展開を学びます。皆様方から暖かいご支援ご協力を賜り、多くの方々に有意義な国内総会になるよう願っております。ご参加をお待ち申し上げます。

2017(平成29)年3月

アクアエクササイズ国内総会実行委員会
委員長 今野純
(アクアダイナミックス研究所所長)


 

アクア コース概要

日 程 2017年8月11/12/13日(金土日)
※3日間
会 場 田園スイミングスクール
(川崎市宮前区宮崎)
定 員 3日間述べ200名 特 典 指定参加者(割引)
認定者A/AEA/ATRI/WATSU認定者
認定者B/HYDRO・AiChi/各種ベーシック講習会修了者
※ADIとは Aqua Dynamics Instutute のことです。
共 催 米国アクアセラピー&リハビリ研究所
(The Aquatic Therapy & Rehab Institute)
全米アクアエクササイズ協会
(The Aquatic Exercise Association

すべて税込金額

未定


[ コメント ]

  1. Aqua Dynamics Institute より:

    TSUBOIです。今年の夏、セラピーシンポジウムにて講師を務めさせて頂きます。

    隔年恒例のアクアフィットネス国内総会とセラピーシンポジウム国内総会、この「動」と「静」の相反するフィットネス。どちらも講師として担当できる事はとても嬉しいです。
    日々のの現場、毎レッスンのmyクラス、目の前の参加者と誠心誠意に向き合う「健康」は、「動的アクアダンス」と「静的アイチダンス」として両極端ではありますが、どちらにもご参加頂けるように努めてきました。
    皆さまのお役に立てられるように、この2年間の工夫をお伝えします。

    TSUBOI講座は AiChi Dance 2017 を予定しております。

    Aqua-Blue of T

    【facebookより転載】

Leave a Reply

コメントを追加するには、ログインが必要です。