facebook

IAFC 日本の歩み 日本人プレゼンター   2017.01.10


2017年度国際アクアフィットネス総会(IAFC)日本代表プレゼンター

┃柚木典子┃

  23 柚木典子

詳しくは こちらへ >>>


事業告知 AEA養成 Good世界一のアクア指導者組織に成長した全米アクアエクササイズ協会(AEA)。これまでの歩みをまとめ小冊子を作ることになました。加盟各国のAEAの歩み、現状と今後の展望、などをレポートすることになりました。以下、日本から提出する文章です。

 


Dear AEA Friends:

あいさつ2 ジュリー・シー AEA会長 あいさつ2-2 アンジー・プロクター AEA専務理事

It was a pleasure to create this International Tribute Video to Angie & Julie for their two decades of AEA leadership.

Thank you so much to Gary Glassman and Mushi Harush!!!!!

Angie & Julie     https://youtu.be/24hf500Vs18

1995年、ルース・ソーバ&ビッキー・チョゼック両女史から引き継いだ二人。アンジー・プロクター&ジュリー・シー両女史。あれから22年間。粘り強い努力と強い使命感で幾度かの困難な時期を乗り越え、AEAムーブメントを世界中に広めてきた二人。ありがとう。

AEA IAFC 2005 AEA ジュリー&アンジー AEA トレーナー


AEA Japan 1999 Training Specialists1970年代、米国水泳コーチ協会(ASCA)の年次総会へ何度か参加。当時から米国人のプロ意識の高さ、優れた組織力、リーダーシップの上手さを実感していた。だから、1980年代半ば、ルース・ソーバ(Ruth Sova)が水中運動協会(AEA)を発足した時から、私は強い関心を以て注目していた。

 1990年、幸運にもRuthを日本へ招聘する機会があった。その準備の為、何度か訪米。その度にAEAの教育システムを体験した。そして、ぜひ、日本でも同じ教育システムを実施したいと強く思うようになった。念願が叶い、1991年、日本でAEAがスタートできた。以来、年3回(2月/6月/11月)、AEA認定資格を得る目的で養成コースを定期的に実施している。この23年間で日本人AEA認定者は延べ1090名(2014年現在)に達している。

 1991年以降、年6回、AEA認定者を対象にした継続教育講習会(アクアフォーラム21)を開催。自薦他薦で選ばれたヒトが次々に講師になり、相互啓発に大きな役割を果たしている。そして、特に評価の高いヒトは2年毎に開催するAEA国内総会(ナショナルコンファレンス)の講師になる。更にそのトップ数名が国際アクアフィットネス総会(IAFC)プレゼンターになっている。これまでにIAFCプレゼンターを経験した日本人AEA認定者は延べ28名(2014年現在)。彼らが日本のアクア界のトップリーダーとして活躍している。

 このように底辺から頂点へと優秀なトップリーダーが次々に成長する教育システムはAEAの大きな特徴だ。そして、日本では、時々、米国に限らず、ヨーロッパからも、優れたAEAトップリーダーを日本へ招聘。質の高い再教育講習会(ステップアップ)を実施している。これもAEAが国際的に影響力のある唯一の団体であることに大きく関係している。

 さて、1990年代半ば、AEAのトップリーダーの世代交代があった。Ruth &Vikky の時代から Julie & Angie の時代へ5 今野純とシフト。AEAの年次総会であるIAFCの内容も大きく変化した。が、発足以来のAEAの精神は引き継がれ、一層、力強くなり、大きく成長している。だから、これからも日本はAEA加盟国として、強い誇りと自信を持ち、優秀なトップリーダーを一人でも多く輩出させたいと強く願っている。

 AD研究所 今野 純


In the 1970s, I participated multiple times in the annual conference of the American Swimming Coaches Association (ASCA). From this time, I felt Americans’ high level of professional awareness, outstanding organizational abilities, and strong leadership skills. Therefore, I look a strong interest when Ruth Sova launched the Aquatic Exercise Association (AEA) in the mid-1980s.

In the 1990s, I had the good fortune of being able to invite Ruth to Japan. In preparation, I visited the United States multiple times. There, I was able to experience the AEA educational system, and came to strongly desire to implement the same one in Japan. In 1991, my wishes came true and the Japanese AEA was launched. Since then, an AEA certification-training course has been carried out periodically (three times yearly in February, June, and November). In the 23 years since it began, a total of 1090 Japanese people have become AEA-certified.

Since 1991, continuing education training sessions have been held six times a year. People can become instructors by applying on their own or being recommended by others. They are emerging one after another, playing a significant role in mutual education. Those with especially good reputations work as instructors at the biannual AEA domestic conference, and exceptionally talented people among them also present at the International Aquatic Fitness Conference (IAFC). 28 AEA-certified Japanese instructors have become presenters, and are active as top leaders in Japan’s world of aquatic exercises.

This is one of AEA’s features: an educational system that continually raises outstanding top leaders. Prominent AEA top leaders from both the United States and Europe are occasionally invited to Japan to carry out high-quality refresher training sessions. This considerably contributes to AEA’s status as the sole organization with international influence.

In the mid-1990s, there was a generational transition in leadership at the AEA: the organization went from the era of Rush and Vicky to that of Julie and Angie. The content of the IAFC, AEA’s annual conference, also changed considerably. However, the spirit of the organization that has existed since its founding lives on, has become even stronger, and is growing considerably. It is my hope that with strong pride and confidence Japan continues to produce many outstanding top leaders as an AEA member nation.

AEA/Japan Training Specialists Team Leader
Jun Konno
(Aqua Dynamics Institute, Yokoham, Japan)


IAFC  日本代表 32名(2017年現在)


1993   Las Vegas(Nevada)  青木美樹 / 若林淑子
1994   Minneapolis(Minnesota)   青木美樹 / 若林淑子
1995   Miami(Florida)   若林淑子 / 矢野真弓
1996   San Diego(California)   若林淑子 / 矢野真弓 / 今田かおる / 根上千都子
1997     Orlando(Florida)    矢野真弓 / 今田かおる / 宇野佳子 / 原俊彦
1998   San Diego(California)   青木美樹 / 矢野真弓 / 今田かおる / 小林亨
1999   Orlando(Florida)   若林淑子 / 小林亨 / 望月美佐緒
2000  San Diego(California)  若林淑子 / 矢野真弓  /小林亨
2001  Fort Myers(Florida)    西森央 / 原恵 / 末吉裕美 / 吉田賢一
2002    Las Vegas(Nevada)    西森央 / 原恵
2003    Fort Myers(Florida)    末吉裕美 / 吉田賢一 / 坪井啓子 / 太田哲也
2004    Orlando(Florida)   西森央 / 吉田賢一 / 塚崎直美 / 田沼栄一
2005    San Diego(California)  原恵 / 末吉裕美 / 坪井啓子 / 尾陰由美子
2006    Orlando(Florida)   塚崎直美  /坪井啓子 / 田沼栄一 / 濱田己抄呼
2007  Orlando(Florida)  若林淑子 / 吉田賢一 / 塚崎直美 / 寺本強 / 冨士隆枝
2008    Orlando(Florida)  坪井啓子 / 濱田己抄呼 / 元井千佳代 / 窪孝枝
2009  Orlando(Florida)   坂上加奈子 / 葉山亜希恵
2010    Orlando(Florida)  坂上加奈子 / 坪子佳代
2011    Orlando(Florida)   葉山亜希恵 / 坪子佳代
2012   Orlando(Florida)  田沼栄一 / 田村憲一
2013   Tampa(Florida)   末吉裕美 / 長南幸代
2014   Tampa(Florida)   坪井啓子 / 坂上加奈子
2015   Tampa(Florida)    坂上加奈子/細井知子/早川陽佑
2016   Tampa(Florida)   田沼栄一/新野正法
2017 Tampa(Florida)         柚木典子