facebook

facebook journal  2020年11月より  2020.11.16

***


■ 剣豪ムサシの人生のルール 20/11/16

 
今年、最初で最後のAEA/ATRI養成コースが終了。世界中で二大アクア養成を同時開催できるのは日本だけ…。二つともこの世界ではトップの人材育成法。私たちが日本の窓口として長年携わってこれた事が何よりの自慢であり誇りです。
元気なヒト向きのAEA(アクアフィットネス)と元気を取り戻したい疾病者と高齢者向きATRI(アクアセラピー)。これが世界中のアクア養成のルーツになり、広く影響を与えていることは周知の事実。嬉しい事に(イヤ本心は少し寂しいことでもあるのですが…)、年々歳々、私の“出番”が少なくなっています。今回は始めと終わりに短い時間お話する程度。これも養成に携わる教育トレーナーの方々の努力、実績、経験など実力がアップしている証明でもあります。
 
さて、そんなワケで養成中は手持ち房さ。日頃積読している本の中から数冊を抜き出し、読む。これがまた楽しい。今回は二冊(いずれも翻訳本)。『「話し方」の心理学』(ジェシー・ニーレンバーク/日本経
済新聞出版社)と『The Rules of Lif~できる人の人生ルール』(リチャード・テンプラー/Discoer)。
 
「人生のルール」の中で面白かったのは宮本武蔵の人生ルール。出典先は書かれていないが、たぶん『五輪書』だと思います。5つの感情コントロールの極意。すなわち…。

「恐れない|威張らない|驚かない|迷わない|疑わない|

 
17世紀に生きた剣豪宮本武蔵。歴史上の人物でも私たちと同じ。意思の弱さや脆さを抱えて生きた。必死に感情をコントロールしていたことが伺える。5つの感情を上手にコントロールして生きたいですね。いかがでしょうか。

■ Withコロナを活用 執筆に励む 20/11/13

 
イタロさん ついに書き終えた。山伏文化の本。おめでとうございます。
 
イタロ・ベルトラーゼさん。ヨーロッパで最も大きいワッツ指導者グループ「ワッツ・イタリー」の代表者。ミラノ在中。二度、日本に招き、ワッツ講習会を行いました。さて、本職はプロ写真家。日本文化の研究家でもあります。過去にアイヌ文化の写真集を出版。日本の中の少数民族(アイヌ)の暮らし向きをヨーロッパに紹介。反響が大きかったらしい。近年は山伏や禅僧の暮らし向きを研究。素晴らしい写真が数々あります。
 
奥さん(ジュネブラさん)はケアクラウン活動家。度々、日本に招かれ全国でケアクラン講習会を行っています。ご夫婦で日本文化に大変造詣が深い。
 

■ Ninjaの3つの心得 20-11-12

 
久々に“Ninja”からTEL。知る人ど知る「忍者人気」の火付け役。千本さんです。
 
千本さんはどんな時でも<明るい|元気|楽しい>。前向きな生き方の三原則を持っている。彼との会話が楽し過ぎ、ついつい長電話になってしまいました。ポストコロナをどう生きるか。そんなヒントまで頂戴しました。ありがとう。
 
過日、TVのバラエテイ番組にチョイ役で「“Nija”らしいヒトが出ていた…」と家人が言う。怪しいタイ人役に扮していた…とのこと。さもあらん。彼は若い頃、数年間タイに住んでいた。だから、驚きませんでした。そして彼は“Ninja”ですから、どこからでも“出没”する。彼に訊いてみた。別人。「それはナイです」との返事でした。
 
ポストコロナ時代も三原則を大切に生きて行きましょう。これからも宜しく…。

■ パラダイムシフトで更なる成長 二大アクア養成コース 20/11/11

 
コロナで「パラダイムシフト」が起きました。つまり、ある一つの時代の人々の考え方と生き方を根本的に変えるという時代の流れです。私たちAD研が長い年月をかけて育み、成長してきた二大養成コース(アクアフィットネスとアクアセラピー)。これからも更に発展します。変えてはいけない事。変えねばならない事。時代の大きな流れの中で挑戦して行きます。どうぞ宜しく。

■ 韓国映画の快挙 パラダイム 20/11/10

WOWOWで韓国映画「パラサイト」(半地下の家族)を観ました。カンヌ国際映画祭では韓国映画初となる最高賞パルムドール。そしてアカデミー賞では非英語作品として初の作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の4冠を受賞した映画です。
狭く薄汚れた半地下のアパートに住む一家4人(父・母・長男・長女)。丘の上に住む金持ち家族、ドブ川の下町に住む貧しい家族。分断の溝の深さ。韓国社会の垂直構造の葛藤が面白可笑しく描かれています。現代社会をタイムリーに描いた社会的テーマが見事です。映画の中で、父親が息子に言う…<何事もオレたちの計画は成功しない。絶対に失敗しないのは“無計画”(no plan)しかないいのダ>と言う。貧乏人の諦めとも開き直りとも解されるセリフが印象に残りました。
さて、登場人物が作る韓国料理が話題になりましたネ。日本語字幕では「ジャージャー麺」と訳されていた。が、実は2種類のインスタント麺を合わせた「チャパグリ」と言うモノらしい。インターネット情報によると、「チャパグリ」とは、農心が発売するチャパゲティ(朝鮮語版)(ジャージャー麺)とノグリ(旨辛ラーメン)の合成語とのこと。「チャパグリ」なるインスタント麺を食べてみないと思いました。
映画もエンタメも韓国には「勢い」がありますネ。

■ 時代の変わり目 役割終えて退場 20/11/09

アメリカ大統領史に残る特異なヒト。人々の記憶に長く残るに違いない。敗北宣言なし。何とこれからが“本番”とばかり法廷闘争へ。過去の慣例など気にしない。頑固で強情で自分勝手。が、しかし、意外に多くのアメリカ人は彼のようなヤンチャな叔父さんを好む。彼が大統領の時に中国発の新型コロナウィスルが世界を駆け巡り、パンデミックを引き起こした。「必然」で「必要」で「グットタイミング」でした。人々の生き方や考え方が変わる。時代の変わり目に登場。そして役割を終え、退場する。お疲れ様でした。
 

■ AEA 金曜日のヒト 20/11/07

金曜日にフィーチャリングするヒト。今週はJun Konnoにスポットライトが当たる。今野純、 日本の横浜にあるアクアダイナミクス研究所(ADI)会長。 国際的に認められるAI-Chiプログラムの共同制作者であり, 頻繁に依頼されている水中での動きと呼吸に焦点を当てた代表的なアクアプログラム。彼は元水泳コーチ。多くの国でマスタースイマーや有名スイマーを指導した。今野さんに本当に感謝している。AEAファミリーの一員でアクア産業に多大な貢献をしている。
 
We’re back with another Feature Friday! This week the spotlight is on Jun Konno.
Mr. Konno, president of Aqua Dynamics Institute (ADI) in Yokohama, Japan, is the co-creator and frequently requested presenter of the internationally recognized Ai-Chi program, an alternative training program for water that focuses on fluid movements and focused breathing. He is a former swim coach and has trained master swimmers and celebrities from many countries. We are so grateful to have Mr. Jun as a part of our AEA family. Thank you for your many contributions to the aquatic industry!

■ USA新大統領にジョン・バイデン氏が決まる 20/11/05

 
ポストコロナ、世界はどう変わるか。まもなくUSAが変わる。菅さん、詰まらぬ意地は張らず、6名外しを元に戻す。か、はっきり「要らない」と言う。前へ進みましょう。日本への風向きが変わります。バイデン候補、郵便投票で「逆転」 ミシガンとウィスコンシン両州で― 米大統領選 新大統領決定か(?)トランプ陣営は法廷闘争へ(!)。


■ ポルトガルの焼き栗 冬の風物詩 20/11/02

 
今年はコロナパンダミックスで全ての海外講習会はキャンセル。これも私の人生にとって「必然・必要・ベスト」だったのでしょう。コロナのお陰でこれまでの生き方や考え方が変わりました。こうなることがキット良かったのでしょう。
さて、この寒い時期、ポルトガルへ行く予定でした。ポルトガルで楽しみなのは様々な干し鱈(タラ)料理です。が、深々と冷える今頃。広場や街角に屋台が立ち並び、「旨いよ…買ってよ…」(?)と呼び込む焼き栗売り。店主の吐く息が白い。熱くてホクホクした大きい焼き栗を立ち食いする。絶品。“超ヤバい”わけです。
 
首都リスボン、コロナ感染予防で外出自粛とか。焼き栗売りのオジサンたちの生活も困窮していることでしょう…。世界中が富・信仰・人種・思想で二極化。コロナパンダミックスで社会の分断の溝は深まる一方です。

日本時間の今夜から始まるUSA大統領選の投票。二大政党が拮抗対立した分断(デカプリング)の象徴です。日本でも過日、大阪都構想でもデカプリングが起きましたネ。世界中が上下左右に切り離され、対立拮抗した分断が起きています。ポストコロナはますます激しくなると予想される。もうコロナ前には戻らない。

■ コロナで様変わり 21/11/01  2

久しぶりの2連休。昨日の渋谷、withコロナでHalloweenも様変わり。昼、数年ぶりにCostco(川崎)へ。コロナで物流拠点が成田→仁川へ。そのせいか家電も食品も”Made in Korea”が目立ちました。韓国のスーパーなどでは、日本食のことを「日食」と表示されている。コストコでは「韓食」と記されてた。時代の流れを感じます。大好きなデイーツ(ヤシの実)、殻つき甘栗、マテ茶(南米のお茶)を購入しました。
 
今日、朝は出雲を走る大学駅伝。16年ぶりで名門駒沢大が優勝。名将監督の目頭が薄っすら光っていた。そして、昼は天皇賞。牝馬アーモンドアイが連覇。競馬史上最多の18勝とか。名馬と言えども牝馬は短い。超エリートの“血縁”を一頭でも多く、次の世代へ残してください。夢をありがとう。


■ ヨシゲンさん 退院か脱走(?)か  20/11/01

「退院できました」と…。入院期間は3週間と聞いていました。ので…「ウソだろう」「“脱走”したの…」と訊くと「違いますよ…」と元気な声。ドクターが驚くほど順調に回復したそうです。さずが“ヨシケン”。並みの男ではない。おめでとうございます。