facebook

スーパーアクア’20 アクア・ストレンス・トレーニング by Javier Bergas (AEA Spain) 【終了】

講習会コード:SA 2020


|プールがジムになる|

 The Pool as the New Gym

水の四大特性(浮力・水圧・抵抗・水温)を活用した筋トレ。短時間で効果が出るのが最大の特徴。インターバルやサーキットといったトレーニング法を活かした強度の高いアクアレッスン。体力を増したい。シェープアップをしたい。健康プラスに最適です。忙しい現代人なら短時間で確実な効果が期待できる。



Javier Bergas del Rio
ザビア・ベガス・デル・リオ
AEA(Aquatic Exercise Association)、ATRI(Aquatic Therapy & Rehab Institute)教育スペシャリスト。 IAFC’13グローバルアワード受賞者。マドリッド体育大修士号。アクアロジック&ストレンス国際認定委員会。


スペインよりJavier氏を招いて特別講習会を開催しました。今回は2日間予定していた会場のプールが故障し、一旦はプール実技をあきらめましたが、アリーナつきみ野様のご厚意により、プール実技も可能となりました。本当に感謝申し上げます。
受講生の皆様にはご心配、そしてスケジュールの変更などご迷惑をおかけして申しわけありませんでした。Javier氏の1日目のレクチャーでは様々な文献、エビテンスと共に説得力のあるレクチャーでした。プールは決してシニア向けのアクアプログラムだけではなく、またアスリートのリハビリの場だけでもない、もっともっと現役アスリートへのアプローチ、そして元気な中高年のアクティブにエクササイズできる環境であることに目覚めさせる内容でした。内容の一部ですが、

H.I.I.T(High-Intensity Interval Training)M.I.S.S
(Moderate Intensity Steady State cardio)
L.I.S.S (Low-Intensity Steady State Cardio)

それぞれの目的と特徴を学びました。

2日目のプール実技はJavier氏の体調不良で急遽、講習会を受講されていた田沼さん、大貫さん、中川さん、吉田さん、末吉さん、そして坂上さんにご協力いただいて無事に講習会が終了しました。
急なお願いでウエアの用意もなく、音楽もその場で作成する状況。本当に感謝しかありません。
また、通訳の西山さんには講座の通訳だけでなく、Javier氏のサポートなど本当にお世話になりありがとうございました。

そして、そして、このアクシデントの続く講習会を最後まで温かい目でご協力いただいた受講生の皆様には心より感謝申し上げます。長年講習会を担当してきましたが、これほどアクシデントが続く講習会ははじめてです。しかし、これほどメダカの学校を感じた講習会はありません。AEAスピリッツを肌で感じさせていただきました。ありがとうございました。



|世界のトップを日本へ|世界一から学ぶ|

詳しくは こちらへ >>>

 


アクア コース概要

継続教育点 [アクア]AEA 10.0  [セラピー]ATRI 10.0  [ワッツ]WATSU 10.0

日 程 2020年2月22-23日(土日) 09:00~17:00 会 場 オンワード総合研究所
(横浜市都筑区)
受講費用 AEA/ATRII認定者 ¥36,000(+税)
WATSU/HYDRO/AiChi認定者 ¥40,000(〃)
一般者 ¥49,000(〃) 
※昼食2回含む
定 員 30名


[ コメント ]

  1. Aqua Dynamics Institute より:

    受講生の感想

    ●ザビアさんのレッスンが受けられなかったのは残念ですが、素晴らしプレゼンターの方のレッスンが受けられてとても充実した講習会だったと思います。
    スタッフの皆様、お疲れ様でした。

    ●同じ一つの動作をするにもその理由を理解してするのとただするのとでは伝え方が変わることを改めて強く思った。レッスンをするたびに伝える力をつけたい。

    ●いろいろなアクシデントの中、対応力に感謝です。日本人による日本人の為のH.M.Lを受けれて最高でした!

    ●今回はアクシデントの中でもとても良いことを学ばせて頂きました。ザビア先生のレッスン、元気になりましたらぜひ受けたいです。

    ●もう一度ザビアさんの研修を受けさせて頂きたいです!早くお元気になられますように!

    ●2日目の実技を受講できなかったのは残念でしたが、初日の講義で沢山学ぶことが出来て良かったです。再度、ザビアからの講習を受けたいと思います。

    ●参加・受講が出来てとても良かったと思います。第三回目もお願い致します。
    「ドラッグ」について、話を聞けたこと、ギアについて話を聞けたこと、とても貴重でした。アクアの取り組みの意識が高い国の様子を垣間見ることができ、また一流アスリートがアクアでトレーニングをしている様子はとても良いモチベーションとなります。
    アクアエクササイズは高齢者や低体力者がやるもの、という印象が多くの人々に持たれていることは、日本だけでなくJavier氏のようにアグレッシブに取り組む人の環境でも同じということが感じられました。その状況の中で、多くの文献を集め、説得力のある下地を作って、確実に形を作っている様は今の、日本のアクアに最も必要な姿勢なのだと思います。
    現状、ギアの良さをわかってもらえない、アクアの良さをわかってもらえないなど「できない理由」を並べることは、多くの人がしています。その一方でその状況の中で、何を足がかりに歩みを進めればよいのかのヒントがいっぱいあった内容が今回の講習会でした。(私にとってですが。)
    高強度のトレーニング系アクアは、参加者の反応がわかりやすく、提供する動きの何度も高くはないので、コツを得られれば安易にリードができる一方で、抱えるリスクについての情報がその指導者には必要。そのことについてのこと、また、現場に落とし込む上でのコツ、ポイントをデータに基づいて伝えて頂けたことは、今後、プログラムを作るうえでの大きなバックアップになり得ます。
    次から次へと現れる、色とりどりの色々な形のギアを見せれば、参加者の人の喜ぶ顔は見られます。それは、「モノ」があれば誰でもできます。が、10年以上、形を変えないギアを用いて、飽きさせない、効果的な運動を提供出来うるスキルは、地味で、時におもしろ味に欠ける場合もありますが、それを乗り越えて得られる結果は、指導者にとっても、対象者にとっても、大きな喜びになる、という可能性を、後続の人たちにイメージしてもらえる状況を作りたいと思いつつ、日々現場第一で取り組んでいます。
    今回伝えて頂いた、HIIT、MIS、LISをインスパイアして、もうひと踏ん張りがんばっていこうと思います。素晴らしい勉強の場、ありがとうございました。

    ●水の中のトレーニングのすごさを実感しました。いろいろとアクシデントが起こりましたが楽しく受けることが出来ました。

    ●ハプニングはありましたが、先生方のおかげで学ぶことが出来ました。少しずつですが勉強していきたいと思います。

    ●陸上だけではなく、水中でも陸上と同じようなトレーニングをすることに興味を持った。

    ●HIITに対する具体的な理論が聞けて良かった。代行の先生方のレッスンはとても参考になりました。

    ●今回に限っては時期的にタイミングが悪く延期してもよかったかも…

    ●エビデンスベース+α、現場との違い、活かし方、すごくわかりやすかったです。講義につながる実技を受けたいです。リベンジをお願い致します。

    ●理論に基づいて知識を持って指導することの大切さを学びました。

    ●Javier氏のクラスを体感できなかったのがとても残念だったが、沢山のエビデンスからの知見の広がりはこれからの活動の力になります。ありがとうございました。

    ●もう一度Javier氏を呼んでください!!毎年でもいいですよ!!

    ●今回はザビアさんの体調不良とのことで急きょプレゼンターの方5名の方にやって頂き、イレギュラーなことばかりの中、きちんとした対応をとって頂き、おかげ様で楽しく学びある時間が過ごせました。

    ●イレギュラーの中、スペシャル講師のレッスンがとてもすばらしかったです。個々の個性とコンセプトが伝わってきました。

    ●ザビアさんの一日目の内容は、とても刺激があり、今後安全にアスリートなどにも広めてゆきたいと思いました。無事帰国されるよう祈っています。ザビアさんの2日目をまた、リクエストしたいです。スタッフの方々、ありがとうございました。

    ●以前、来日された時も素晴らしかったですが、今回もとても良かったです。2日目の実技は、受けられず残念でしたが、ザビア先生の体調が回復されることを願います。また、来日して頂きたいと思います。でも、様々なプレゼンターの先生方のレッスンが受けられて良かったです。これからも、参加したいと思います。

    ●ザビアの講義はとても勉強になりました。これが、生かせる様にしたいと思います。ただ、楽しみの実技がないのは残念でした。

    ●通訳の方が素晴らしかったです。聞き取りやすい声と間がよかったです。

    ●ザビアさんのレッスンも受けてみたかったけれど、講師の先生方のレッスンはとても勉強になったし、楽しかったです。

    ●2日目急遽沢山の先生の実技に参加できて良かったです。ラッキーでした。1日目はザビア氏の講義が聞けて良かったです。2日目は沢山の皆さんの実技が出来て良かったです。「先生方のDVDがいただけたらいいなあ」と思っています。DVD1つにまとめて頂けたらと思います。

    ●初日、実技での講義が慣れなくて、疲労感と充実感と感動で頭がパンパンになりました。
    またザビアさんの来日を楽しみにしています。受講者の方が急きょ講師をされていて、ご苦労がたくさんあってスタッフの皆様のお力があればこそだと思いました。本当にお疲れ様でした。

    ●ザビアのレッスンはとても興味がありました。チャンスがあったらまたぜひ来てほしいです。

    AD研

  2. Aqua Dynamics Institute より:

    Nachiko Onuki 【facebookより】

    Javier 先生のワークショップを受講してきました。1日目は、9時から17時まで講義。エビデンスを紹介しながらのレクチャーは説得力があり、今まで疑問に思っていたことがクリアに。
    そして2日目。朝9時に到着したら様子がおかしい。なんと代行でレッスンをすることに。
    IAFCでプレゼン予定の内容をココでやらせてもらうことになりました。
    Javier先生の代わりには到底なれませんが、、、
    前日のレクチャーの最後にスキルや知識だけでなく取り組む姿勢が何より大切だとおっしゃっていたことを思い出し、それしかない。全力で楽しもうと思うことができました。
    残念ながら彼の実技は受けられませんでしたが、AEA JAPANレジェンドの皆さんと一緒にこの1日を代行させて頂いたことは、私にとって貴重で大きな経験となりました。温かく受け入れてくださった参加者の皆様、サポートしてくださったトレーナー、スタッフの皆様、そして今野先生に感謝の気持ちでいっぱいです。
    ありがとうございました‍♀️

    なによりJavier先生の体調が早く回復しますように

  3. Aqua Dynamics Institute より:

    中川 秀樹 【facebpplより】

    Javier氏と共に沢山の研究文献や理論をなぞりながら、水中でのストレングストレーニングとインターバルトレーニングについて学びを深めました。水中が筋力トレーニングの環境造りとして注目されている…海外では耐久性の強い、怪我の少ない選手を育てるために【前衛的Key】となっているようです‼︎

    団塊ジュニア世代の私にはインストラクション的に難はありますが、世界との発想の違いを学べる機会は貴重ですし、水中運動のリードもしている。10年がかりでウェイトトレーニングにもやっと向き合える習慣ができてきたこの時期に…とても刺激的な内容でした。

    残念ながら彼の実技は受ける事ができませんでしたが、ナショナルトレーナーの方々から沢山のヒントをいただきましたラッキーでしたwww特に今年のIAFCプレゼンター大貫那知子IRの『ジョギングHIIT』。自分がインストラクターなのに随分と甘えていた事に気がつき反省したり、自分自身でEPOC効果を体感したり。トレーニングに対する耐性が低い方々への提案もされている内容と聞き、俄然やる気アップしています‼︎

    今朝一番のアクアクラスで早速、参加者の皆さんの思考や身体にロックがかからないようにインターバルトレーニングのための仕込みを始めました。笑

    ご一緒させていただきました皆さま方ありがとうございましたアクアダイナミック研究所の皆さま、プレゼンしていただいた先生方、通訳の西山さん、今野先生、Javier先生ありがとうございました‼︎

    【Houston Football: Pool Workouts】
    https://youtu.be/6XgqQkOOwWI

  4. Aqua Dynamics Institute より:

    Nachiko Onuki 【facebookより】

    Javier 先生のワークショップを受講してきました。1日目は、9時から17時まで講義。エビデンスを紹介しながらのレクチャーは説得力があり、今まで疑問に思っていたことがクリアに。
    そして2日目。朝9時に到着したら様子がおかしい。なんと代行でレッスンをすることに。
    IAFCでプレゼン予定の内容をココでやらせてもらうことになりました。
    Javier先生の代わりには到底なれませんが、、、
    前日のレクチャーの最後にスキルや知識だけでなく取り組む姿勢が何より大切だとおっしゃっていたことを思い出し、それしかない。全力で楽しもうと思うことができました。
    残念ながら彼の実技は受けられませんでしたが、AEA JAPANレジェンドの皆さんと一緒にこの1日を代行させて頂いたことは、私にとって貴重で大きな経験となりました。温かく受け入れてくださった参加者の皆様、サポートしてくださったトレーナー、スタッフの皆様、そして今野先生に感謝の気持ちでいっぱいです。
    ありがとうございました‍♀️

    なによりJavier先生の体調が早く回復しますように

  5. Aqua Dynamics Institute より:

    Nachiko Onuki 【facebookより】

    時に“まさか”の坂がある。スーパーアクア2日目(昨日)、その坂がありました。

    朝、講師のザビアさん、青ざめた顔で熱がある、吐き気がする、喉が痛くて声が出ない。今日はムリだと。もしかして“コロナ”かも…。直ぐに航空会社の医療支援センター(パリ)へ問い合わせた。返事は「直ぐに出国せよ」「医療機関へ行け」と。間もなく保険適用の救急病院(大和市内)を知らせてきた。その敏速な対応に驚きました。

    緊急事態を告げ、受講者の方々に協力を仰ぎました。動揺なし。ベテランの方へ代理講師をお願いする。快く引き受けてくれ、まるでこの事態を予見したかのように粛々と代理役を務めてくれました。準備がなくても、これだけの質の高い内容ができるとは…。驚きです。

    医師の診断結果は「咽頭炎」との事。ホットしました。通訳の西山さんが常時付き添い、ケアしてくれました。感謝。夜11時のフライ便でスペインへ。急遽帰国。“まさか”の長い坂が終わりました。

  6. Aqua Dynamics Institute より:

    中野 直子 【facebookより】

    〜〜道具は「水」〜〜
    「プールがジムになる‼️」
    スペインから来日されたザビアさんの講座。

    プールという環境は、関節痛の中高年やスポーツ選手のリハビリの場所と考えていませんか?

    トップアスリートが、トレーニングジムとして使う、理に叶った「ウォーターパワー」があります。

    ・水中は、スピードの二乗倍の抵抗がかかる。
    ・アイシングしながら、トレーニングを追い込める。
    ・関節に負担を掛けないで、動きの神経を覚醒させながら、最大酸素摂取量を上げる高強度のトレーニングができる。
    ・螺旋的に負荷が掛けられる。

    などなど、水という環境は、お宝です。

    陸でたくさんのマシントレーニングをする代わりに「水」という道具が、レジスタンスからメタボリック(代謝)を上げるトレーニングまでを可能にする。

    論文を集め、裏付けがしっかりした、内容は説得力がありました✨

    日本は、遅れているなぁ。
    こんな素晴らしい「水」をもっと伝えたいp(^_^)q

    招いてくださった今野純先生、AD研の皆さま、有難うごさいます✨

  7. Aqua Dynamics Institute より:

    中川 秀樹 【facebookより】

    昨日は自分の『弱味』を実感し凹んでしまう一日でした。クラスをしていても…熱いねとは言われますが「素晴らしい」とは一度も言われた事ありません。

    全然上手くないただの中年なんです

    「どうやって伝えるか?」どんなに素晴らしいと思うものを学んでも、伝えなければ…伝わらなければ、ないのと同じ。

    もっともっとも〜っと上手くなりたい!

    週末から尊敬する講師 Javier Bergas 氏の特別講習を受けてきます。こんなタイミングに来日してくれる事に感謝しかないし、早く動きたくて仕方ありません。

    ご一緒できる皆さん宜しくお願いしま〜す⤴️

Leave a Reply

コメントを追加するには、ログインが必要です。