facebook

第30回 【受付中】(軸骨格運動の決め手) 講習会

講習会コード:HDW 30
ハーフディ講習会 ロゴ 

|泳ぎの骨(コツ)|

|軸骨格運動から見たバタ足|

 


「水中軸骨格運動(マンタ・ヤモリ・でんでん太鼓)」の研究報告と実践法を発表致します。
この3つの運動は、10年以上リウマチ患者の水中運動で取り入れてきましたが、健常者にも、歩行機能(歩幅)への効果が認められたことから、アクアや水中ウォーキングなどへの導入の期待が持てます。後半は、「軸骨格運動の連動性」と「浮心に注目したバランス調整法」で整えたストリームラインを使った「バタ足」を行います。
水中軸骨格運動の現場での決め手(極め手)は、貴方です!



 

by 中野直子(フリー)


第8回アクアセラピー国内総会その他各種全国講習会講師歴任。

 


アクア コース概要

継続教育点数 AEA/ATRI/WATSU 各3.0点づつ

日 程 2018年12月2日(日)
13:00~17:00
会 場
オンワード総合研究所
(横浜市都筑区)
受講費用 一般者 ¥8,000(+税)
AEA/ATRI/WATSU認定者 ¥6,400(〃)
定 員 30名


[ コメント ]

  1. Aqua Dynamics Institute より:

    リウマチ患者の水中運動研究~「痛み」と「動き(歩幅)」について~

    平成29年、健康・体力づくり事業財団の健康研究に選ばれ、1年間をかけて、リウマチ患者の水中運動について調べました。そして、その水中運動で行ってきた「水中軸骨格運動(ヤモリ・マンタ・でんでん太鼓)」が歩行に及ぼす効果についても検証いたしました。

    その結果、3分間の水中軸骨格運動が、歩幅を拡幅し、歩きやすさがRA患者だけでなく高齢者におけるQOLの維持向上に役立つ可能性が示唆されました。

    この研究の発表をする機会をいただいております。

    中野 直子 【facebookより】

Leave a Reply

コメントを追加するには、ログインが必要です。